「自分という存在」が復活することを許可しますか? ――個人データを使った「自己復元」の現状と課題

ロボティクス/自律型システム
現代社会では、私たちが生成するデータ量は爆発的に増加しています。SNSでの投稿やオンライン上のアクティビティ、または身体的な情報を収集するIoTなど、さまざまなデータが私たちの「個人」を形成しています。一方で、技術の進化により、私たちの存在自体を再現する技術が実用化に向けて進んでいます。そこで問われるのが、「自分という存在」をデータとして保存し、それを使って自己復元することを許可するべきかという問題です。
アルキメデス
アルキメデス

本記事では、個人データを利用した「自己復元」について、現状と課題について考えていきます。

スポンサーリンク

自己復元とは?

自己復元とは、自分自身のデータを利用して、自分自身を再現する技術です。例えば、人工知能によって自分の発言や思考パターンを学習させ、そのデータを元に自己復元することが可能です。このような技術を利用することで、死後に自分自身が再現される可能性があります。

ゴリチャット
ゴリチャット

デジタルヒューマンですね!

アルキメデス
アルキメデス

そうですね。自己復元によって、自分自身をデジタル化した存在として復活することが可能となります。このような存在は、デジタルヒューマンと呼ばれることがあります。

以下の記事で詳細を説明しておりますので興味があればどうぞ。

未来の共生パートナー?デジタルヒューマンが自己意識を持った場合の人間との関係
人工知能の進歩によって、デジタルヒューマンという存在が生まれつつあります。自己学習によって人間の行動や発話を模倣すること...
アルキメデス
アルキメデス

デジタルヒューマンは、現実の人間と同じような思考や感情を持ち、人間と同様に行動することができます。ただし、その身体はデジタル化されており、現実の世界での活動はできません。デジタルヒューマンは、主に仮想空間やAIアシスタントとして活躍することが想定されています。将来的には、デジタルヒューマンが人間と同等に扱われる社会が実現するかもしれません。

現状:自己復元技術の進展と実例

現在、自己復元技術は実験段階にありますが、多くの研究者が注目しています。例えば、Googleが開発した「Google Duplex」は、電話での会話を完全自動化することができ、自己復元技術の一例として注目されています。また、死後に自己復元することを目指すプロジェクトも存在しています。

ゴリチャット
ゴリチャット

死後に自己復元することを目指すプロジェクトとは何ですか?

アルキメデス
アルキメデス

現在、死後に自己復元することを目指すプロジェクトはいくつかありますが、その中でも代表的なものは以下のようなものがあります。

  1. ニューロニクス(NeuroNexus)プロジェクト  このプロジェクトは、人間の脳の構造と機能を模倣することで、人間の意識を復元することを目指しています。具体的には、脳内のニューロンの活動をシミュレーションすることで、人間の思考や感情を再現しようとしています。

  2. エクスピアリア(EXPAREL)プロジェクト  このプロジェクトは、人間の遺伝子情報をデジタル化することで、個人の意識を復元することを目指しています。具体的には、DNA解析技術を用いて、個人の遺伝子情報を読み取り、それをデジタルデータとして保存することで、死後に復元することができるようになると考えられています。

  3. 2045年イニシアティブ(2045 Initiative)  このプロジェクトは、人間の意識をロボットやコンピュータに移植することで、不死の存在を作り出すことを目指しています。具体的には、人間の脳や意識をデジタル化することで、機械的な存在として再生することができるようになると考えられています。

アルキメデス
アルキメデス

ただし、これらのプロジェクトはまだ研究段階であり、技術的にも多くの課題が残されています。また、倫理的な問題や法律上の制約も存在するため、実現までには時間がかかる可能性があります。

課題:個人データの管理とプライバシー

自己復元技術を実現するにあたり、個人データの管理とプライバシー保護が重要な課題となります。個人データが漏洩した場合、悪意のある者によって不正に使用される可能性があります。また、データの使用目的が明確でない場合、個人情報保護法に抵触する恐れがあります。従って、自己復元を許可するには、個人データの取り扱いについて厳格な管理が必要となります。

ゴリチャット
ゴリチャット

有名人が死後もデジタルネイチャーとして活動してくれるのはファンにとっては最高ですね!

アルキメデス
アルキメデス

そうですね。また、そのようなデジタルネイチャーを活用したビジネスも生まれるでしょう。例えば、有名人の音声や映像を再現するサービスや、その人の音楽や映画をデジタル配信するサービスなどが考えられます。

課題:復元された「自己」と現実の「自己」の違い

また、復元された「自己」と現実の「自己」との違いも問題となります。自己復元技術は、個人のデータをもとに再現を行うため、現実の自己と完全に一致するわけではありません。例えば、自己復元された「自己」が自分の考え方や価値観を変えてしまった場合、それは現実の自己と異なるものとなってしまいます。このような点から、自己復元によって現実の自己と同一視することができないという批判もあります。

ゴリチャット
ゴリチャット

悪いところは省いて、いいところだけを再現したらそれはもう本物より人気になるかもしれませんね!

アルキメデス
アルキメデス

確かに、有名人のデジタルネイチャーを再現する際には、その有名人の魅力的な側面や良いところだけを取り上げ、悪いところは省くことができます。また、デジタルネイチャーならば、年齢や容姿の変化がなく、その有名人が最も輝いていた時代の姿を永遠に保つことができます。

これによって、その有名人のファンたちは、いつまでもその人の魅力的な姿や言動を楽しむことができるでしょう。

まとめ

本記事では、「自分という存在」が復活することを許可するべきかという問題について、個人データを利用した自己復元について検討しました。

デジタルネイチャーを活用したビジネスについても触れました。有名人のデジタルネイチャーを活用したビジネスは、その有名人のファンから支持を得ることができる反面、法律的・倫理的な問題が生じる可能性があることを忘れてはいけません。

私たちの生き方や人間のあり方が、デジタル技術の発展によって変わりつつある現代において、個人情報の管理やデジタルネイチャーの活用については、今後ますます重要な問題となってくるでしょう。私たちは、個人の権利や自己決定権を尊重しながら、技術の発展と共に新しい価値観や考え方を模索していく必要があります。

ゴリチャット
ゴリチャット

お疲れさまでした!!

【デジタルに記憶させて】

願いはかなうのか、
時の流れに任せたくない。
遺した思いや思考を、
デジタルに記憶させて。

死という瞬間が来たときに、
私たちの存在は消え去る。
でも、自己復元の技術があれば、
再び生き返ることができる。

夢や希望、恋人や友人たち、
そして家族や愛する子供たち。
全てを残していけるならば、
私は自己復元を許可する。

未来に繋ぐという思いに、
私たちは手を取り合う。
デジタルなるものに生かされ、
あなたの魂は永遠に輝く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました