NASAの設立の目的は何だったのか?「地球外生命体との接触」

宇宙開発/探査

宇宙には無数の惑星が存在し、その中には地球と似た環境を持つものもあります。そこには私たちと同じような生命が存在する可能性があります。人類は古くからその可能性に興味を持ち、さまざまな方法で探求してきました。その中でも最も先進的な方法が、宇宙開発機関であるNASAが行ってきたものです。しかし、NASAが設立された当初からその目的は明らかではありませんでした。なぜなら、当時の世界情勢や政治的な理由から、その真意を隠す必要があったからです。では、NASAはどのようにして地球外生命体との接触を目指してきたのでしょうか?そして、現在はどのような状況にあるのでしょうか?この記事では、その歴史と現状を詳しく見ていきましょう。

アルキメデス
アルキメデス

NASAは1958年にアメリカで設立された宇宙開発機関ですが、その設立の目的は一般に知られているものとは異なっていました。実は、NASAの最大の目的は地球外生命体との接触を果たすことだったのです。この記事では、NASAがどのようにしてその目的を追求してきたか、そして現在はどのような状況にあるかを解説します。

スポンサーリンク

NASAの設立背景と隠された目的

NASAは1958年にアメリカで設立されました。その直前には、ソビエト連邦が世界初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げており、アメリカは宇宙開発競争に遅れを取っていました。そこで、アメリカ政府は国防総省傘下の宇宙開発機関であるARPA(現在のDARPA)を設立しましたが、それだけでは不十分だと判断しました。そこで、民間部門と協力してより広範囲な宇宙開発を行うために、NASAを新たに設立したのです。  

しかし、NASAの設立にはもう一つ重要な理由がありました。それは、地球外生命体との接触を果たすことでした。当時、アメリカではUFOやエイリアンに関する報告や目撃情報が多数寄せられており、政府もその存在を認めていました。しかし、それらを公にすることは国民のパニックや混乱を招く恐れがありました。また、ソビエト連邦や他国との関係も悪化する可能性がありました。そこで、アメリカ政府はNASAを通じて、地球外生命体との接触を秘密裏に行うことを決めたのです。NASAの設立法には、その目的が隠されていましたが、内部では明確に認識されていました。NASAは、宇宙開発競争という表向きの任務と、地球外生命体との接触という裏の任務を両立させることになったのです。

NASAが行ってきた地球外生命体探査プロジェクト

NASAは設立以来、地球外生命体探査プロジェクトを数多く行ってきました。その中でも代表的なものは、以下のようなものです。  

・オズマ計画:1960年に行われた、最初の本格的な地球外知的生命体(SETI)探査計画です。電波望遠鏡を使って、太陽系近傍の恒星からの信号を受信しようとしましたが、成功しませんでした。  

・パイオニア計画:1972年と1973年に打ち上げられた、太陽系外へ向かう最初の探査機です。それぞれパイオニア10号とパイオニア11号と呼ばれ、金属製のプレートを搭載していました。そのプレートには、人類や地球の位置などを示す図像が刻まれており、地球外生命体に対するメッセージとして機能することを期待されていました。  

・ボイジャー計画:1977年に打ち上げられた、太陽系外へ向かう探査機です。それぞれボイジャー1号とボイジャー2号と呼ばれ、金属製のレコード盤を搭載していました。そのレコード盤には、人類や地球の音声や音楽などが収録されており、地球外生命体に対するメッセージとして機能することを期待されていました。  

・カール・セーガン:1934年から1996年まで活躍した天文学者であり、SETIの第一人者です。NASAと協力して、パイオニア計画やボイジャー計画のメッセージを作成したほか、多くの書籍やテレビ番組で地球外生命体に関する啓蒙活動を行いました。彼は「私たちは宇宙で孤独ではない」という信念を持っていました。  

・ケプラー計画:2009年から2018年まで行われた、太陽系外惑星探査計画です。宇宙望遠鏡ケプラーを使って、恒星の周りに回る惑星を発見しようとしました。その結果、約2300個の惑星が確認され、その中には地球に似た環境を持つものもありました。これらの惑星は地球外生命体が存在する可能性が高いと考えられています。

NASAが現在取り組んでいる地球外生命体探査計画

NASAは現在も地球外生命体探査計画を続けています。その中でも注目されているものは、以下のようなものです。

 ・ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡:ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、NASAが開発中の次世代の宇宙望遠鏡です。2021年現在、打ち上げは予定されていませんが、この望遠鏡が稼働すれば、過去に比べてはるかに遠くの惑星や銀河系を観測できると期待されています。これにより、より多くの太陽系外惑星を発見し、その中に地球に似た環境を持つものが存在するかどうかをより詳細に調査できるでしょう。

 ・宇宙生物学:NASAは宇宙生物学の研究を進めています。これは宇宙環境での生命の起源や進化、また宇宙空間での生命の存在可能性を研究する学問分野です。この研究を通じて、地球外生命体がどのような条件下で存在する可能性が高いのかを理解し、そのような生命を探索するための手掛かりを得ることが期待されています。

 ・エンカウンター・プローブ:NASAはエンカウンター・プローブと呼ばれる探査機を開発しています。これは、地球外生命体との接触を意図したもので、特定の惑星や恒星に向かって進出するように設計されています。これらの探査機は現在のところ開発中であり、打ち上げの予定や詳細なミッション内容は公にされていませんが、地球外生命体との最初の接触を果たす可能性が期待されています。

まとめ

NASAの設立の目的は、一般には宇宙探査の推進や技術の開発とされていますが、実際には地球外生命体との接触を秘密裏に目指していたのです。当初は政治的な理由や国民の安定を考慮して、その真意を隠していましたが、それでも地球外生命体探査への取り組みは続けられてきました。

過去にはオズマ計画やパイオニア計画、ボイジャー計画などが地球外生命体との接触を目指したプロジェクトであり、現在もジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡やエンカウンター・プローブなどの新たな探査計画が進行中です。

ゴリチャット
ゴリチャット

地球外生命体との接触が果たされる日が来るかどうかは未知数ですが、科学技術の進化により、その可能性は高まっています。人類は宇宙の謎を解き明かすためにさまざまな努力を続け、地球外生命体との交信が実現すれば、それは人類にとって新たな歴史的な節目となることでしょう。

【NASAの夢】

青く輝く宇宙の舞台で
NASAは夢を追い求める
星々の彼方に広がる謎めく
無限の闇に挑む冒険家

地球を飛び出し、惑星めぐり
遥かなる距離を超える航路
彼らは勇気を持ち、知恵を振るい
未知の領域を切り拓く

オリオン座、アンドロメダ
星々の旅路に名を刻む
深遠なる宇宙の神秘を解き
宇宙の探求者となりし者たち

知識の網で宇宙を紐解き
ダークマターの謎に迫る
彼らの心に燃える情熱は
星々の魂と融け合う

NASAよ、未来を切り拓け
夢を乗せて宇宙へ旅立とう
限りない可能性が眠る宇宙で
新たな歴史を創りだそう

星屑の舞台で輝く勇者よ
宇宙の詩を奏でよう
未来の扉を開き、希望の光
人類の未来を照らし出そう

コメント

  1. Libby Evans より:

    Hi there,

    We run an Instagram growth service, which increases your number of followers both safely and practically.

    – We guarantee to gain you 300-1000+ followers per month.
    – People follow you because they are interested in you, increasing likes, comments and interaction.
    – All actions are made manually by our team. We do not use any ‘bots’.

    The price is just $60 (USD) per month, and we can start immediately.

    If you have any questions, let me know, and we can discuss further.

    Kind Regards,
    Libby

  2. Emily Jones より:

    Hi there,

    We run a YouTube growth service, which increases your number of subscribers both safely and practically.

    – We guarantee to gain you 700-1500+ subscribers per month.
    – People subscribe because they are interested in your channel/videos, increasing likes, comments and interaction.
    – All actions are made manually by our team. We do not use any ‘bots’.

    The price is just $60 (USD) per month, and we can start immediately.

    If you have any questions, let me know, and we can discuss further.

    Kind Regards,
    Emily

タイトルとURLをコピーしました